副業・稼ぐ方法

【課金もすぐできて便利!】ウェブマネーを無料で簡単に稼ぐ方法を紹介!


 

「ウェブマネーってよく聞くけど、なに?」

「ウェブマネーを稼ぐことってできるの?」

ウェブマネーを稼ぐおすすめの方法を教えて!!

 

近年、音楽やインターネットの決済で利用されるようになったウェブマネーですが、ウェブマネーを使うのではなく、なんと稼ぐことができるのです!

今回は、ウェブマネーを無料で稼いで行く方法について紹介していきます!

ウェブマネーの価値や特徴を確認!

ウェブマネーはプリペイド型の電子マネーである。16桁の番号(数字)にのみ通貨価値を持たせる方式(当初。後にプリペイド番号が不要な仕組みも追加された)を採っており、磁気カードICカードのような複雑な記録媒体や特別なハードウェアを必要としない。またこのようなシンプルなシステムから個人情報の登録・入力が不要であり、利用者の匿名性が高く情報漏洩などのリスクが小さい。

引用:Wikipedia

つまり、ウェブマネーとはネット上で利用することができるプリペイド機能のついた通貨であるということです。

冒頭でも少しご紹介しましたが、ウェブマネーはオンラインゲームや音楽のダウンロード、ネット上での決済に利用される場合がほとんどで、ウェブマネーを採用しているネットのサイトであればどこでも利用することが可能となっています。

コンビニで誰でも購入することができ、個人情報を提供することもないので、セキュリティ面でも安心。

購入したカードの番号を入力するだけで、簡単に携帯やパソコンで利用することができます。非常に使い勝手の良いものとなっています。

また、プリペイド仕様となっているため、使い過ぎてしまうことがないというのも大きなメリットですよね!

自分で使うことも当然できますが、ちょっとしたプレゼントにもすることができますので、ウェブマネーの幅はかなり広いです。

ポイントサイトを使えば小・中学生でもウェブマネーを稼げる!

そんなウェブマネーは買うだけでしか手に入らないと思っていませんか?

実は、ポイントサイトを活用すれば、簡単に稼ぐことができるんです!

ポイントサイトとは、ポイントサイトを経由して商品を購入したり登録をするとサイト上にポイントが溜まっていきます。そのポイントを、現金や別のポイントなどに換金できるというサイトになります。

換金できる一つにウェブマネーも存在します。

ポイントサイトで稼いだポイントをウェブマネーに換金し、利用することができるのです。

主な稼ぎ方としては、クレジットカードの発行やショッピングなどでポイントを獲得していきます。さらにポイントを稼いで行きたいという人は、同時に無料コンテンツ・サービスを利用することでも稼いでいくようにしましょう!

当サイトがおすすめする稼ぎ方は、高単価であるクレジットカードでポイントを大きく稼いだ後に、継続案件や無料コンテンツでコツコツ稼いく方法です!

クレジットカードは18歳未満の方は作れないのでご両親にクレジットカードを作ってもらうよう説得する必要がありますが『無料会員登録』『アンケート』などは18歳未満でもポイントを貯めることができます!

「お金を使ったり、個人情報を登録したくない!」という人はアンケートのみで稼ぐこともできますので、自分にあった稼ぎ方でポイントを稼いでみてください。

小学生や中学生でも簡単に稼ぎあげることができますので、ウェブマネー換金に向けて頑張りましょう!

https://zenitoku.com/pt-rank/

https://zenitoku.com/freemail/

ウェブマネーは現金化もできるけど課金に使うのがベター!

最近では、ウェブマネーを現金化する方法が話題となっています。その方法とは、ネット通販で換金率の高い商品を買って転売するというもの。

しかし、これは現金を受け取るまで時間がかかってしまうという点と商品を購入したり、転売する労力を使わなければいけないという点であまりおすすめできません。

面倒なので、実際に行う人も少ないかと思います。

ですので、ウェブマネーは現金化して使うのではなく、ウェブマネーのままゲームやアプリ、音楽などに課金をして利用するようにしましょう!

一度ウェブマネーを登録しておけば、まずなくなるということはありません。必要な時に使えるだけのウェブマネーを持っておくというのも得策でしょう。

【備考】ウェブマネーは電子マネーや仮想通貨とは別物です

よくウェブマネーと仮想通貨は一緒だと認識している人がいますが、全くの別物です。

ウェブマネーというのは、『株式会社ウェブマネー』という企業が作ったゲームの課金や音楽をダウンロードする際に利用することができるネット上のお金です。

仮想通貨に関しては、現在では一通貨として扱われているウェブマネーよりもはるかにくくりの大きい世界で利用することができる円やドルといった公式の通貨に近いものですね。

電子マネーもウェブマネーと同様にとらわれがちですが別物です。スイカ・パスモ・ナナコがウェブマネーの代表格ですね。これらは事前に登録が必要で『チャージ』することで何度でも使うことができます。

しかしウェブマネーは『買い切り』『買うときも使うときも登録の必要ナシ』です。

一般的に使用する機会の多いのはウェブマネーの方ですので、そのあたりの区別をしっかりとつけられるようにチェックしておきましょう。

まとめ

  • ウェブマネーはネット上で利用することができるプリペイド機能付きの通貨である
  • ウェブマネーでは、ゲーム内課金・音楽のダウンロード・ネット上の決済を行うことができる
  • ウェブマネーはポイイントサイトを活用すれば、小学生や中学生であったとして簡単に稼ぐことができる
  • ウェブマネーを利用するなら現金としてではなく、そのままゲームや音楽、ショッピングなどに課金することがおすすめ
  • ウェブマネーは電子マネーや仮想通貨とは全くの別物である

 

ウェブマネーは仮想通貨などと比べると利用できる範囲は限られていますが、それでもネット上での買い物やゲーム内課金、音楽のダウンロードを目的に利用するのであれば困ることはないでしょう。

個人情報を必要とせずに簡単に自分のネット上に登録することができるというのも嬉しいポイントですよね。

今まで、お金を払ってでしかウェブマネーを得ることができないと思っていた人はこの記事を読んでポイントサイトを利用してみましょう。

そして、ポイントサイトで稼いだポイントをウェブマネーに換金し、自分の好きなものに利用してみてください!