副業・稼ぐ方法

Webライターはネット副業の第一歩!稼ぎ方とおすすめサイトを解説!

ウェブライター

「Webライターをやろうと思っているんだけど、儲かるのかな?」

「副業でWebライターがおすすめって聞いたけど、実際どうなの?」

「Webライターで稼いで行く方法を詳しく教えて!!」

 

サイトを構成する上で最重要となってくる記事。その記事を書く仕事がWebライターになります。今回は、Webライターで稼いで行く方法について詳しく紹介していきます!

Webライターは月25万円稼ぐのも現実的!

稼ぎやすさ
稼げる金額(月)1000円〜50万円
オススメ度

Webライターという仕事を知っている人も多いはず。

というのも、副業と聞かれた時にライターと答える人が多いくらいに副業のイメージが強いので。しかし、ライターがどんなことをしているのか正確にわかっている人は少ないのではないでしょうか。

Webライターは、その名の通り記事を書く仕事になります。記事のジャンルは依頼主によって変わってきますが、ひたすらに記事を書き続ける仕事には変わりありません。

多少の文章力が必要になってきますが、中学や高校レベルの文章力とパソコンがあれば誰でもどこでもWebライターになることができます。

副業としても取り組みやすい仕事であることは間違いありません。

Webライターで稼ぐための4つの方法

パソコンを操作している男性

ここでは、その4つのステップである『クラウドソーシングサイトを選ぶ』『継続しやすい案件を選ぶ』『同一依頼人から継続して記事依頼をもらう』『案件を増やす』を詳しく紹介していきます。

STEP1:クラウドソーシングサイトを選ぶ

まずは、記事作成の仕事をもらえるクラウドソーシングサイトに登録をしましょう。

細かい案件内容は登録してから確認していけば良いので、記事作成の仕事をより多く扱っているサービスを選ぶようにしてください。

案件数・信頼性の高いクラウドソーシングサービスを選ぶと良いでしょう。

最初は1文字1円にも満たない依頼ばかりでガッカリするかもしれませんが継続して仕事を請け負うことで1文字1円~1.5円くらいまでアップすることは容易です。

1文字1.5円なら2000文字書いて3000円。1時間で2000文字書ければ時給3000円なのでかなりおいしいです!

STEP2:継続しやすい案件を選ぶ

継続しやすい案件というのは、なるべく依頼主からの指示が少なく、生活の負担にならない案件であるということです。

また、体験談などではなく継続して発注してくれそうな内容の依頼を受けるようにしましょう。

継続して利用することで、月間の収入も計算しやすいので、なるべく週・月ベースで納品期限を設けている案件が良いでしょう。

STEP3:同一依頼人から継続して記事をもらう

記事作成を行なって行くうちに継続して依頼したいという人も現れるはず。そのような案件に関しては、継続することをおすすめします。

というのも、継続すると相手のやり口を変える必要がないので、記事作成に慣れることができます。時間短縮になるのです。

また、単価をあげてもらいやすくもなるので、継続できる案件であれば継続するしてもらうようにしましょう。

STEP4:案件を増やす

ある程度慣れてきたら、案件を増やしていきましょう。単発の案件でも良いですし、また継続して行える案件でもOKです。

自分のライフスタイルに支障が出ない程度に収めることが大切です。

 

継続して記事を作成できれば、依頼主からの信頼も勝ち取れるので、さらに高単価になる可能性もあります。Webライターで稼いで行くためには、継続することが最重要になります。

Webライターで稼ぐのにコツと大事なことは「文字単価をあげる」ことです!

パソコン

webライターは文字単価をどれだけ上げられるかによって稼げる金額が変わってきます。50万えん稼ごうと思っらた1文字1円ではやってられないわけです。

あなたが月に5万円稼ごうと思ってwebライターにチャレンジしてみようと思っているなら1文字1円あればそれなりに効率よく稼ぐことができます。

1文字1円なら25万円くらいがアッパーなイメージですね。それ以上稼ごうと思ったらライティングスキルをひたすら磨いて1文字2円クラスまであげる必要があります。

そして、大きなwebメディアがいくつも乱立するなかwebライターの価値も上がっているのは確かです。

大手のメディアになると1文字10円といった破格の単価感での執筆もありえるので夢がありますよね。アフィリエイトやブログをやるよりもよっぽど安定します。

正直最初は1文字0.5~0.75円位の案件で消耗しがちですが継続発注を受けれると文字単価も上がりそれなりに割の良い仕事になってくるので最初の数ヶ月は修行の気持ちで継続していくことが大事です!

Webライターで稼ぐなら登録しておきたいサイト←表を想定。サービス名と特徴

サービス名特徴オススメ度
クラウドワークス国内最大手のクラウドソーシングサイト。記事作成の案件が豊富で継続性のあるものも多いので、安定した収入が見込めます。。
ランサーズ契約して記事を書くような案件が多い。安定収入を作りやすいが、単発案件が少ないため、ライフスタイルに合わせて単発で記事作成を追加するということが難しい。
シュフティ本格的な記事作成案件もあるが、どちらかというと簡易的な口コミやアンケート案件の方が多め。時間の取れない人はおすすめ
ShinobiライティングWebライターのためのサイト。作成記事はどれも短く、短時間で稼ぐことができる。
ザグーワークス単価の高い案件を多数取り扱っているサイト。最上位ランクに慣れば、本業を超えるほど稼ぎあげることも可能。

webライターで稼ごうと思っているなら読んで置きたい書籍

webライターは誰でもできるといえどもスキルが高い方が重宝されるのは間違いありません。ライティングスキルは本を読んで繰り返し実践することで身につくものなので簡単ではありませんが今後webライターでガッツリ稼いでいきたいと考えているなら知識をつけておいて損はないでしょう。

以下の3冊は銭トク編集部も実際に購入してすごく勉強になった本なのでぜひチェックしてみてください。

特に沈黙のwebライティングは今後ブログやアフィリエイトをやろうと思っている方にもおすすめなので読んでもらいたい1冊です!
筆者の松尾さんは企業にもコンサルするほどライティングには精通しているので間違いないと思います!

 

【アフィリエイト稼ぐ方法まとめ】開始1年で月100万稼げました!『アフィリエイトって稼げるの?』 『稼ぎ方を知りたい!』 『コツとか裏技はあるの?』 怪しさ満点のアフィリエイトではあ...
【資産になる!】Googleアドセンスを使ってブログで稼ぐ方法『アドセンスで稼ぐ方法を知りたい!』 『実際どれくらい稼げのか気になる!』 『ブログって本当に稼げるの?』 個人の副業...

まとめ

貯金箱
  • Webライターは副業として月に25万前後稼ぐことができる
  • Webライターは文章力さえあればスキルがなくても行える仕事である
  • Webライターで稼ぐためには『クラウドソーシングサイトを選ぶ』『継続しやすい案件を選ぶ』『同一依頼人から継続して記事依頼をもらう』『案件を増やす』の4ステップが大切
  • Webライターは継続することがとても大切である

Webライターを副業として考えている人は、なるべく継続できる案件を選んで行うようにしましょう。その案件がたとえ低収入であってもです。

最終的に依頼主から単価をあげてもらえれば問題ないので、ひとまずは継続案件を探し、確保するようにしてください。慣れてくれば案件を増やして収益の拡大を計りましょう!

【ネットでお金を稼ぐ方法】主婦からサラリーマンのおすすめ副業まとめ 『ネットでお金を稼ぐ方法を知りたい!』 『副業としてなんとかネットで報酬がほしい!』 『主婦でもできるネット副業を知...